神戸マネージメントワークス
〒658-0051
神戸市東灘区住吉本町2-7-25
電話 078-822-6552
携帯 090-2114-9368








トップページ > 個別課題への対応

個別課題への対応

課題の設定
社全体であれば「事業たな卸し」を経て経営上の課題を設定して、資金面も含めた実現可能性を踏まえて、課題ごとの対策を設定します。その上で経営者の方と意見交換をしながら、現場の具体的活動計画を作ります。この計画に含まれる内容には優先順位も含めて時間設定もするのが一般的です。

このように事業計画を作るために全社視点で課題を抽出し、それぞれの対策と優先順位をつける場合もありますが、経営現場では目の前に具体的な課題があって、その課題を急ぎ解決させたい、ということがよくあると思います。

私はそのような場合でも、目の前の課題に取り組みながら、節目・節目でその課題解決策が全社的な経営ではどのような位置づけにあるか、という確認もしていただくようにお勧めしています。そうすることによって、特定課題の解決が、全社的にどのような影響を生むかということにも気づいていただける場合もあると思っています。
個別の課題への対応
会社全体であれば「事業たな卸し」を経て経営上の課題を設定して、資金面も含めた実現可能性を踏まえて、課題ごとの対策を設定します。その上で経営者の方と意見交換をしながら、現場の具体的活動計画を作ります。この計画に含まれる内容には優先順位も含めて時間軸も設定します。

例えば、「売上高の回復」と「財務状況の改善」について、対策を立てる場合の考え方は次のようなものになります。実際にこれらの課題解決に取り組む場合でも、教科書的な理論に当てはめるのではなく、クライアント企業様の状況に応じ、実施可能な範囲を相談しながら取り組むように努めています。

これらの2例以外にも「組織力を高めたい」、「経営力を高めたい」、「海外取引を検討したい」などにも対応しています。


課題 「売上高の回復」の対策例


課題 「財務状況の改善」の対策例

PAGE TOP